2019年06月18日(火)

嬉しい [クリニック情報]

「○○ちゃん」と診察室から呼ぶと、ニコニコしてはいってきてくれる。
ちょっと前までは、大泣きしてたのに。
何かのタイミングで、突然泣かなくなる。

診察するときも、ずっとニコニコ。
お口アーンっていう前に口も開けて待ってくれている。
まだ小さいのに、診察手順を知っているのだ。

中には、お口アーンしながら診察室に入ってくるお子さんもいる。私の顔を覚えていて、この人は口の中を見せる人って覚えている??

『この子、「今日はさかざきさんとこに行くよ」っていったら、「やった〜」って喜ぶんです』
『この子、ここが好きみたいです』

私こそ「やった〜」と思う瞬間。

もちろん、クリニックに入るだけで泣くお子さんもいる。
「泣いてばかりですみません」と言われるのだけど、時期が来たら、泣かなくなることを私は知っている。それもお子さんの成長過程。

ほんまに小児科は楽しい。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)
画像(240x180)・拡大画像(640x480)

これは、クリニックにある間違いさがしポスター
なんと、広瀬クリニックの泉先生の義妹さんが作成されたオリジナル。
とっても可愛い。正解わかるかな?

Posted by さかざきひろみ at 19時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月16日(日)

父の日

今日は父の日。

父の施設でお昼にイベントがあったので、妹と一緒に参加した。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(240x180)・拡大画像(640x480)

時々、父の食事の時にいくのだけど、ほんとに食べるのが早い。スプーンで食べたほうが、食べやすいのに、一生懸命お箸で食べている。いっぱいこぼしながらだけど必死に食べる父をみて、なんか悲しくなったこともあった。

しかし、今日は美味しい美味しいと、とても嬉しそう。

なぜか、私にもスプーンですくって食べさせてくれた。
父に食べさせてもらうなんて、記憶にはない。

おなかいっぱいのあとは、3人で近くの公園へ。

画像(228x240)・拡大画像(608x640)

父が笑っている。
しかも、できなかったピースもできた。
今日は調子が良さそう。

だけど、夜には幻覚をみて、徘徊することもあるそう。

今の施設はほんとによいところ。
しかし、これ以上認知症が悪くなると、ここにいることはできない。
そのことを考えると、何だか辛い。

きっと、もう家に連れてかえることはできないだろう。
少しでも父が穏やかな時間を過ごせますように。

Posted by さかざきひろみ at 20時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月15日(土)

いっぱい [クリニック情報]

今週は、手足口病がいっぱい。

熱がでてすぐだと、まだのどにも手足にも水泡がでてないことが多い。夏風邪だね、もしかして明日発疹がでてくるかもとお話しすると、翌日手足にぶつぶつが出てくることが多い。
のどに水泡があって、手足口病かもとお話ししても発疹がでてこないのはヘルパンギーナ。
同じウイルスで、どちらにでもなる場合がある。
基本的には、どちらも夏風邪ウイルスで、有効な薬はない。
ただ、のどに水泡ができてしまうので、のどが痛い。
それでも少しずつ水分がとれるか、経口摂取ができるかどうかが大切。

どちらも解熱して、食欲が回復したら登園できるけど、感染力は2-3週間ある。したがって、感染のおそれはあるけど登園可能という変な証明書になってしまう。

大人はうつりますかとも良く効かれる。
ウイルス感染なので、やはり罹ることもある。
大人の人のほうが、しんどそう。高熱で手足の水泡がめっちゃ痛痒いらしい。痛くて歩くのが辛いっていうママもいた。

手足口病についてクリニックで説明しているお話し。

@原因は?
 コクサッキーやエンテロウイルスなど、何種類かのウイルスでおこるので、何回もかかることがある。
A感染経路 飛沫感染
B潜伏期  3-5日
C登園はいつから?
症状があるときだけ感染力があるのではなく、元気になってものどや便から2-3週間ウイルスを排泄。罹っても症状がでない不顕性感染のお子さんもいる。したがって、お熱が下がって、咽の痛みもなく食欲が回復したら登園可能。
しかし、のどが痛くて、いつもどおり食べられない時は、熱がなくても、お休みしてね。
D何を食べさせたら?
噛まずに飲み込めるもの、ゼリー、プリン、アイス、とうふ、冷めたおじやなど。水分もごくごく飲むのは痛いので、スプーンで少しずつ。オレンジジュースはしみるよう。牛乳やカルピスウオーター麦茶などが飲めたというお子さんが多い。
E治療法
ウイルス感染なので、有効なお薬はなく、もちろん抗生剤も不要。
口が痛くて、水分も全く飲めないときは脱水になるので、点滴加療が必要。
漢方が飲める場合は、高熱の時は麻黄湯、のどが痛すぎるときは、黄連湯、桔梗湯や桔梗石膏などを処方。

Posted by さかざきひろみ at 18時13分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.