2018年12月13日(木)

お血 [漢方薬]

東洋医学では気血水がバランスよく巡っていると健康な身体であると考えられている。
気はエネルギー、「血」は血液、「水」は体液のこと。
以前「水」については、ブログにアップした。

今回は「血」の流れが悪くなる「お血」について。
お血とは血がドロドロでスムースに流れにくくなっている状態。
女性は特に月経があるので、男性に比べると「瘀血(おけつ)」が起きやすい。
月経に関するトラブル、冷えのぼせ、肩こり、冷え性、腰痛、便秘、頭痛、シミ(肝斑)など色々な症状がおきる。

しかし男性であっても、心臓や脳血管などの血管の病気や、腰痛、便秘にも関係している。さらに主人のように打撲して内出血、血腫ができているのもお血の状態。

そういえば整形外科の先生がぎっくり腰もお血とのこと。

画像(95x101)・拡大画像(358x379)

舌下静脈の怒張

慢性的にお血がある人は、舌や唇の色が暗紫色で、舌の裏側の舌下静脈が怒張している。

原因として、ストレス、暴飲暴食、糖分や脂肪分の取りすぎ、運動不足などは色々。

お血を治すための漢方薬は駆お血剤。
代表的なのは㉕桂枝茯苓丸
にきびや肝斑が気になる方には125桂枝茯苓丸加ヨクイニン
これは、化粧のりもよくなるそう。
便秘がひどいタイプには61桃核承気湯など。もちろん他にもたくさん。

画像(87x132)
画像(90x134)
画像(88x133)

ただ、漢方薬を効かせるには養生がとても大切。
バランスのよい食事、良質な睡眠、適度な運動は欠かせない。
特に食事、甘いもの冷たいもの脂っこいものをひかえないと、せっかく漢方薬を飲んでいてもなかなか効かない。

Posted by さかざきひろみ at 14時14分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年12月08日(土)

講師育成セミナー [漢方薬]

土曜日夜は講師育成セミナー、2nd stage。

千福先生をリーダーに、私もサブ講師として参加させて頂いた。今回は12名の先生方が参加。少数精鋭やわ。

画像(169x240)・拡大画像(453x640)
画像(240x179)・拡大画像(640x478)

各チームに分かれて皆さんの発表をお聞きする。
なんと、それにコメントをいうという恐れ多い役割。
偉い先生ばっかりなのに、つい色々アドバイスしてしまった。生意気でほんとにすみません。つい思ったことを色々言ってしまった。しかし、皆さんの内容はほんとに面白く、とても勉強になった。ありがとうございます。

ラストは千福先生のご講演。
「聴衆が眠くなってきたら」がテーマ。
@脈の練習(浮沈を試す)
Aツボを触ってもらう 
  後頚部の風池、天井は葛根湯。肩の肩井は柴胡桂枝湯
  肩甲骨の間に圧痛点があるのは柴胡桂枝乾姜湯
  剣状突起をつまんで痛いのも柴胡桂枝乾姜湯
  中院の圧痛は半夏瀉心湯
B資料に線を引いたり、書き込んでもらう
C隣の人と舌診
Dクイズ

BとDは上級者コースかなあ。舌は私もやったことがある。
あとツボも面白いかもと思ってしまった。
千福先生、ほんまに何でも知ってはる。

画像(240x183)・拡大画像(640x491)

終了後は、楽しい情報交換会。
とっても美味しい中華料理。
おなかいっぱい食べてしまった。
千福先生に勧めて貰った桂花陳酒のソーダ割り。
メッチャ美味しい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今回、ちょっとシックなワンピース。
いつもより地味??
実はコートはピンク、靴もピンクやった。
行きのタクシーの方に「その恰好は何かお仕事関係ですか?」と聞かれた。ピンクを着ないといけないお仕事って何と思いつつ「いいえ、ピンクが大好きなの」と堂々とお答えしといた。

Posted by さかざきひろみ at 21時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年11月13日(火)

麻黄湯 [漢方薬]

ウイルス性疾患で
@熱がでてすぐ
Aまだ汗をかいていない
B水分はとれて比較的元気、こんなときは㉗麻黄湯の出番。

健康なお子さんの場合はこの3つがそろえば、インフルエンザでも、夏風邪でも有効。
自宅においておけば、すぐに飲むこともできる。熱さましは対症療法でただ熱をさげるだけだが、麻黄湯は自分が持っている免疫力をアップし、またウイルスによって産生されたサイトカインを抑制し、早く病気を治してくれる。

熱のときの麻黄湯は飲み方にもコツがある。
汗をかくまで、また解熱するまで3時間おきが効果的。もちろん寝ている間は飲まなくてもよい。睡眠もとても大切だ。

実は麻黄湯もメーカーによって色々違う。
ツムラさんのは、飲みやすいのだけど、顆粒が大きく溶けにくい。成人量は7.5g
ジュンコウさんのは、細粒で水にすぐ溶けるのだけど、そのまま飲むと苦みが強い。成人量は4.5gで量が少なめ。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

ツムラサン(左)ジュンコウさん(右)

そのまま飲む場合、さゆで練って飲んだり、ヨーグルトやアイスに溶かす方は、ツムラさん。
りんごジュース、カルピスなどに溶かして飲む場合はジュンコウさんのと分けて処方するようにしている。

元気なお子さんの場合は麻黄湯がいいのだが、麻黄(エフェドリンが主成分)がたくさん入っているので、体力のない人には使いにくい。特に高齢者は注意が必要
私は大人の方は、がっちりタイプで脈がしっかりしているときは葛根湯、脈が弱くて冷え性タイプの方は麻黄附子細辛湯、胃腸が弱くてさらに虚弱な方は香蘇散にしている。また妊婦さんの風邪には桂枝湯がよい。

画像(320x225)・拡大画像(640x451)

麻黄湯で熱が下がってすっきりされる場合も多いが、また夜になると熱がでるときもある。そんなときはもう麻黄湯は無効。I柴胡桂枝湯と言うお薬に切り替える。

病気のステージでお薬が変わっていくのも漢方薬の魅力のひとつ。
漢方薬を上手に使って、冬を元気に乗り切りたい。

Posted by さかざきひろみ at 20時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.