2018年11月13日(火)

麻黄湯 [漢方薬]

ウイルス性疾患で
@熱がでてすぐ
Aまだ汗をかいていない
B水分はとれて比較的元気、こんなときは㉗麻黄湯の出番。

健康なお子さんの場合はこの3つがそろえば、インフルエンザでも、夏風邪でも有効。
自宅においておけば、すぐに飲むこともできる。熱さましは対症療法でただ熱をさげるだけだが、麻黄湯は自分が持っている免疫力をアップし、またウイルスによって産生されたサイトカインを抑制し、早く病気を治してくれる。

熱のときの麻黄湯は飲み方にもコツがある。
汗をかくまで、また解熱するまで3時間おきが効果的。もちろん寝ている間は飲まなくてもよい。睡眠もとても大切だ。

実は麻黄湯もメーカーによって色々違う。
ツムラさんのは、飲みやすいのだけど、顆粒が大きく溶けにくい。成人量は7.5g
ジュンコウさんのは、細粒で水にすぐ溶けるのだけど、そのまま飲むと苦みが強い。成人量は4.5gで量が少なめ。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

ツムラサン(左)ジュンコウさん(右)

そのまま飲む場合、さゆで練って飲んだり、ヨーグルトやアイスに溶かす方は、ツムラさん。
りんごジュース、カルピスなどに溶かして飲む場合はジュンコウさんのと分けて処方するようにしている。

元気なお子さんの場合は麻黄湯がいいのだが、麻黄(エフェドリンが主成分)がたくさん入っているので、体力のない人には使いにくい。特に高齢者は注意が必要
私は大人の方は、がっちりタイプで脈がしっかりしているときは葛根湯、脈が弱くて冷え性タイプの方は麻黄附子細辛湯、胃腸が弱くてさらに虚弱な方は香蘇散にしている。また妊婦さんの風邪には桂枝湯がよい。

画像(320x225)・拡大画像(640x451)

麻黄湯で熱が下がってすっきりされる場合も多いが、また夜になると熱がでるときもある。そんなときはもう麻黄湯は無効。I柴胡桂枝湯と言うお薬に切り替える。

病気のステージでお薬が変わっていくのも漢方薬の魅力のひとつ。
漢方薬を上手に使って、冬を元気に乗り切りたい。

Posted by さかざきひろみ at 20時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年11月10日(土)

AMR&めまい [漢方薬]

ダンスリハのあと、大急ぎでコンラッド大阪へ。
今日は、漢方セミナー。

画像(189x240)・拡大画像(506x640)

最初は、薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰で厚生労働大臣賞を受賞されたまえだ耳鼻咽喉科クリニックの前田先生のご講演。
抗生剤の濫用で薬剤耐性(AMR)がとても問題になっている。このままいけば2050年には耐性菌によって、1000万人(3秒に1人)の死亡が想定されるそう。
前田先生は、診療にグラム染色を取り入れ、抗生剤の適正使用をされている。そして、漢方薬は患者さんの免疫力をあげて抗炎症作用を発揮する。上気道の細菌感染は、漢方薬で十分戦えると話されていた。

私も普段からできるだけ抗生剤を使用しないように心がけている。必要のない抗生剤は、耐性菌を増やすばかりか腸内細菌叢も乱してしまう。お子さんに関しても、ほとんどがウイルスが原因なので、抗生剤は不要。本当に必要なときに効かなくなるのは本当に大変。

これは厚労省のAMR対策ポスター

画像(320x224)・拡大画像(640x448)

もうひとつは、横浜みなと赤十字病院の新井基洋先生。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

新井先生と

なんと難治性のめまい患者さん20万人も治していらっしゃるとのこと。めまいにはリハビリがとても有効で、色々な体操や運動の仕方を教えて頂いた。
もちろん漢方薬の有効性もビッグデータを示してお話しされていた。新井先生お勧めは、胃もたれや食欲がない人のめまいは、37半夏白朮天麻湯、高齢者のめまいは108人参養栄湯。めまい患者さんの不眠には83抑肝散加陳皮半夏。

画像(128x180)・拡大画像(356x499)

とても勉強になったが、とにかく講演がとっても面白い。
綾小路きみまろ氏みたいな感じ。新井先生のショータイム。
めっちゃ笑って、楽しく元気になる講演だった。
こんな講演方法もあるのかと、それも勉強にもなった。
本もたくさん執筆されていて、アマゾンベストセラー「めまいは寝てては治らない 」をすぐにポチしてしまった。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

さらに、講演中の私のリアクション?がよかったと横浜の華正樓の美味しいお菓子まで頂いた。
(これがまた美味しい〜)

ありがとうございます!

そして、今回の会場のコンラッド大阪。
ここはキラキラしていてやっぱり素敵。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by さかざきひろみ at 20時53分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年11月03日(土)

足立区医師会小児科医会講演 [漢方薬]

今日は、東京足立区での講演。

画像(175x180)・拡大画像(581x596)

足立区小児科医会会長の木村康子先生にご招待して頂いた。なんと、足立区小児科医会の30周年の記念講演とのこと。
康子先生と一緒に考えた題名は「こども漢方服薬指導〜心も体も元気いっぱい」

心も体も元気にしてくれる漢方薬の魅力を少しでもお伝えできればと精一杯お話させてもらった。

画像(147x240)・拡大画像(392x640)

康子先生、素敵なお着物姿。つけさげというものらしい。
胸にも刺繍があってとっても可愛い。色も素敵。
いつもご自分で着付けをされている。
康子先生いわく「漢方も難しいと思って、なかなか処方しない先生も多いけど、やってみると簡単に処方できるでしょう。お着物も難しいと思ってらっしゃるけど、やってみると案外簡単なの。ただ、襟元を左前にできれば大丈夫よ。」
いや、私は娘に浴衣を着せたとき右前にしてしまったことがある。やっぱり無理かな。

今回、皆さんに色々試食してもらおうと用意したもの。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

クッキー(柴胡桂枝湯・抑肝散加陳皮半夏)
補中益気湯チョコ 小建中湯ホットケーキ
抑肝散加陳皮半夏ハンバーグ  
単シロップ割(27麻黄湯 95五虎湯)
単シロップカルピス入り(19小青竜湯)
麻黄湯りんごジュース 麻黄湯カルピス
辛夷清肺湯入りココア  小建中湯入りミロ 
小青竜湯入りムコダインムコサール 
柴胡桂枝湯入り味噌汁 抑肝散加陳皮半夏入りコーンスープ
五苓散ゼリーきなこ添え 
当日、会場で混ぜてもらうものとして
マルツエキス 練乳 チョコクリーム あんこ マヨネーズはちみつ カレー  たこ焼きソース 単シロップも準備

今回講演40分、実演20分。
康子先生が講演中にたくさんお写真を撮って下さった。ほとんどずっと笑ってる。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)
画像(240x199)・拡大画像(640x533)

一方通行の講演より、皆さんとあーだこーだといいながら実演するのがやはり楽しい。
改めて、柴胡桂枝湯味噌汁の美味しさにびっくり。
とっても飲みにくい辛夷清肺湯はあんこと混ぜると良い感じ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

毒カレーになるかもしれない黄連解毒湯カレー。皆さん果敢にチャレンジして下さった。私もはじめて食べたのだが、荊芥連翹湯カレーよりましかも。香辛料を入れすぎたカレーという感じかなあ。
また、メーカーによっても味が全然違うということにも改めて認識した。講演すると、いつも私自身たくさん勉強になる。

遠いのに蘭子ちゃんも来てくれた。なんと鎌倉から。いつも忙しいのにほんとにありがとう。

画像(240x182)・拡大画像(640x486)

最後に皆様と記念写真。
前小児科医会会長の千葉先生も私につられて両手ポーズをしてくださっている。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

会の後は、とっても美味しい鴨鍋をご馳走になった。
足立区医師会の方々はみなさんとても仲良し。小児科医会と協力して色々なお仕事をされている。今は風疹のこと、そして小学校でがん教育を勧めるなど、たくさん。ほんとに素晴らしい。ご一緒させていただいてとても楽しかった。ありがとうございます。

ホテルにもどると、窓から素敵な東京タワー。
なんか、頑張ったねって言ってもらっているみたい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 22時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.