2020年06月28日(日)

錠剤 [漢方薬]

漢方薬は飲みにくいのが難点。
特に、小学生以上のお子さんは粉薬はいや、錠剤やったら飲めると言われることが多い。
大人の方はたいてい、粉はOKだけど、やはり苦手な方もいる。
実は漢方薬には、錠剤も多い。

下の図が錠剤のラインナップ。
1回量が6錠のものが多いのがちょっと難点。

画像(320x206)・拡大画像(640x413)

あと、大きさも少し大きい。メーカーによる違いもある。
7歳ぐらいだと、実際に飲めるかどうか外来で試してもらってから錠剤を処方している。

画像(320x194)・拡大画像(630x383)

でもやっぱり粉しかないものが多い。
最近、㊴苓桂朮甘湯の錠剤が発売された。

画像(153x240)・拡大画像(410x640)

これは、めまい、たちくらみ、また起立性調節障害にも有効なことがある。
同じようにP五苓散もめまい、たちくらみにいい。
錠剤希望される場合は大抵P五苓散を選択していたが、これからは㊴も候補にあがる。
水毒女の私は、いつもP五苓散と㊴苓桂朮甘湯を常備している。私は粉薬をバリバリ噛んで食べる。
うちの水毒体質のスタッフもこの2剤を愛用。
湿気の多い日は、皆でP∔㊴!!
1人は錠剤派なので、㊴の錠剤が発売され大喜びしていた。

Posted by さかざきひろみ at 19時43分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年06月14日(日)

魔法のくすり [漢方薬]

「漢方薬って長く飲まないと効かないんでしょう?」とよく質問される。
たしかに体質改善するものや、長い間の体調不良を改善するには、少し時間がかかる。
しかし、即効性のあるものもたくさん。
生薬構成の数が少ないものほど早く効く。
一番少ないのは2個の生薬で構成され、以下の3つがある。

68芍薬甘草湯(芍薬∔甘草)
84大黄甘草湯(大黄∔甘草)
138桔梗湯(桔梗∔甘草)

どれも即効性があると、長く飲んでいると耐性ができて効きにくくなるのが欠点。
ちなみに、一番多い生薬で校正されているのは62防風通聖散で18個。

外来では、68芍薬甘草湯の出番が多い。
こむらがえりに即効性があるので有名だが、お子さんでは急な腹痛に良く処方する。
古典では「芍薬甘草湯,腹痛を止めること神の如し」


以前から漢方が嫌いなKくん。
「漢方以外の薬にしてや」と注文。
今回は、ウイルス性胃腸炎で下痢が頻回。
とにかく渋り腹が辛い。
下痢が出る前におなかを抱えて、冷や汗かいて痛がっていると。

「漢方やったら、お腹痛いのに、とっても効く薬あるよ。先生のこと信じて飲んでみて」と芍薬甘草湯を処方。
彼は、私のことを信じて、苦手な漢方を飲んでくれた
そして芍薬甘草湯を「魔法のくすり」と命名。漢方を飲んだら、あれほど辛かった腹痛があっという間に治ったとのこと。「魔法のくすり」が、あと少ししか残っていないので、もっと頂戴とのこと。

私も何度も68芍薬甘草湯に助けられている。
腹痛で、ヒア汗かいて苦しいとき、これを口にいれて、すぐ楽になっていく。まだ、消化管から吸収されてない時間にこんなに効くなんて。口腔粘膜から吸収されている??
でも、これは絶対お家にかかせない「魔法のくすり」

画像(240x162)・拡大画像(640x433)

Posted by さかざきひろみ at 09時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2020年06月11日(木)

夏バテ対策 [漢方薬]

今日は雨なので少しましだが昨日は30度。
真夏なみ。
しかもマスクをしているのでなおさら暑い。
今年は暑くなりそうなので、これから夏バテや熱中症に注意が必要。

環境省熱中症予防サイトに色々詳しく書いてある。
@ 暑さを避ける
A 適宜マスクをはずす(屋外で人と十分な距離2m以上ではマスクをはずす)
B こまめな水分補給
C 日頃から健康管理
D 暑さに備えた身体作り

これらは当然なのだけど、漢方薬にもいいのがいっぱい。

まず大人の方の夏バテ対策
アウトドア派 136清暑益気湯(せいしょえっきとう)
   (外で働く営業マンや大工さん、汗だくになって仕事をする方)
インドア派 ㊶補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
    (夏の暑さに負けそう。クーラーの効いている部屋で働くOLさんたち)
お子さんたちには㊶や136は少し飲みにくい。
そこで ちょっと虚弱なお子さんたちは
 胃腸虚弱で食が細い→99小建中湯
 上記にさらに皮膚トラブルがある。汗っかき→98黄耆建中湯

136清暑益気湯と㊶補中益気湯の共通点は、どちらも人参と黄耆を含む参耆剤(じんぎざい)。
胃腸機能を丈夫にして身体を元気にしてくれる。
構成生薬にも共通点(人参・黄耆・蒼朮・当帰・甘草・陳皮)が多い。
違うところは、下の図の前半部分。

画像(320x215)・拡大画像(640x431)

㊶補中益気湯の特徴は、柴胡と升麻の昇堤(しょうてい)作用。
これは簡単に言うと下がっているもの(食欲 気分 精神 内臓下垂)を持ち上げる。食欲も回復し、やる気もます、まさに漢方界のユンケル。
また内臓下垂、胃下垂や子宮脱、肛門脱にも有効と言われている。柴胡が入っているので、感染症の予防にもいい。

136清暑益気湯の特徴は、麦門冬と五味子が含まれていること。これらは身体を潤す作用があり、脱水予防になる。黄柏の成分であるベルベリンは、下痢に有効な陀羅尼助と同じなので、下痢にも有効。 麦門冬と五味子と人参は、生脈散といって、夏バテの基本方剤。

だるいしんどいをキーワードにまずは㊶補中益気湯。
さらに夏バテ予防には、身体を潤してくれる136清暑益気湯。
㊶補中益気湯には錠剤もある。
ぜひ今から夏バテ対策を。

もちろん、規則正しい生活。
睡眠、栄養、運動のバランスが一番大切。

Posted by さかざきひろみ at 17時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.