2022年10月04日(火)

今度の [漢方薬]

新刊は、「フローチャートコロナ後遺症漢方薬」

フローチャートシリーズの16冊目!
ほんとに新見先生はすごい。
あっという間に執筆されたそう。
しかも、多くの先生が知りたい内容でもある。
アマゾンでもベストセラー1位。
サブタイトルは「あなたも今日から診療できる」。

画像(144x240)・拡大画像(386x640)

コロナ後遺症外来は、どこも予約がいっぱいでとても大変らしい。実際、コロナ後遺症については、よくわかっていないし、標準治療や治療薬もわかっていない。

専門外来に受診することが必要というわけでなく、せめてかかりつけの先生が漢方薬を処方してくれたら、喜ばれる患者さんも多いと思う。

実際、漢方薬が有効なケースも多いらしい。

この本では、症状別に色々な漢方薬を選択できるようになっている。
新見先生の一押しは、加味帰脾湯かな。

他にもコラムも勉強になる内容がたくさん。
コロナ後遺症に注目されている「Bスポット療法」についても簡単に説明されている。

この本は国立精神・神経医療研究センターのコロナ後遺症外来を担当されている高尾昌樹先生が監修されている。また、フローチャート慢性腎臓病漢方薬を執筆された日本鋼管福山病院の透析センター長の和田健太郎先生との共著でもある。

お子さんは後遺症は少ないけど、大人の方は多い。
内科の先生にはぜひお勧めの1冊。

Posted by さかざきひろみ at 19時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2022年09月15日(木)

横線の意味 [漢方薬]

ツムラさんの漢方薬は1番から138番まで。
だけど、欠番があるから全部で128種類。
欠番は、4,13,42,44,49,94,129,130,131,132。
縁起が悪い番号のものはない。

この番号の意味は特に決まりはなくて、ツムラさんの研究者が当時実験ノートにつけていた番号とのことで、深い意味はないとのこと。

難しい漢字が読みにくくて、お子さんたちは「先生、今日は99番と2番くださ〜い」など、番号で呼んでいることが多い。

ただ、関連のある処方は少し似たような雰囲気の番号が付けられている。
F八味地黄丸→107牛車腎気丸(F+牛膝 車前子)
O半夏厚朴湯→116茯苓飲合半夏厚朴湯
P五苓散→117茵蔯五苓散(P+インチンコウ)
R小青竜湯→119苓甘姜味辛夏仁湯(小青竜湯の裏処方で麻黄が含まれない)
㉕桂枝茯苓丸→桂枝茯苓丸加ヨクイニン
㉗麻黄湯→127麻黄附子細辛湯

あと、最近知ったのだが、包装の横線にも意味があった。

以下に並べてるのをじっと見てたら気づくかな?

画像(60x90)
画像(67x101)・拡大画像(255x382)
画像(63x96)
画像(67x101)・拡大画像(141x209)
画像(66x101)

画像(61x91)
画像(66x99)
画像(60x94)
画像(64x94)
画像(67x101)

画像(71x106)
画像(67x101)
画像(69x108)

一桁の番号の線は短いのが1本
10番代は1本、20番代は2本、30番代は3本、40番代は4本
50番代は太いせんが1本
60番代は太い線1本と細い線1本 以下2桁は同様。
100番代は太い線2本
例えば138番だと太い線2本と普通の線が3本となる。

私は言われるまで気付かなかった。
色々細かいところまで考えてはるのね。

孫っぴは、「孫っぴのは99番や、婆のは何番? ママのは何番?」と いつも質問する。
「今日の婆のは、17番と39番、ママのは109番」と言うと。
「そーなんかあ。ピンク一緒やな」

Posted by さかざきひろみ at 19時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2022年09月04日(日)

お天気頭痛 [漢方薬]

台風が沖縄あたりにいるので、気圧の変動が強いよう。
台風、梅雨、雨の日は頭痛を訴える人がふえる。

女性の方に多いけど、お子さんにも結構多い。

気圧の変化があると、身体の水のバランスが崩れやすい。
頭痛以外にも、身体がむくんで重だるい感じにもなる。

そんな時はまずはP五苓散。
身体の水のバランスを是正してくれる。

ただ、五苓散だけではうまくいかないケースもある。
気圧の変化があると、身体の気の流れも異常がおこる。
本来なら、「気」は上から下へ流れるのだが、その気が逆上してしまって、頭痛やめまいをおこす。
これは、東洋医学でいう「気逆」。

その場合は、水のバランスをよくする蒼朮茯苓と気の流れをもとにもどす桂枝と甘草の入った ㊴苓桂朮甘湯がが効果的。

OTCでは、五苓散はテイラック。
      苓桂朮甘湯はノイスホール。

他には、冷えが強く頭痛が激しい場合は呉茱萸湯、
胃腸が弱く、体力が低下している場合は半夏白朮天麻湯、
月経トラブルもあれば、当帰芍薬散や加味逍遥散など色々な処方がある。

ただ、漢方薬を飲めば大丈夫というわけでなく、冷えや胃腸機能の低下、食生活の乱れ、ストレス、運動不足、睡眠不足、姿勢なども影響していて、それを改善しないとなかなかうまくいかない。
でもそれが一番難しい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 18時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2022


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.