2020年11月29日(日)

漢方女子会 [漢方薬]

昨日土曜日は、漢方女子会。
女医さん限定で、WEBと会場のハイブリッド形式の講演会。

場所はグランフロント。もう街はクリスマス仕様。
久しぶりに梅田に行ったが、まだまだ人がたくさん。

画像(202x240)・拡大画像(540x640)
画像(180x240)・拡大画像(480x640)

浅井先生のは「不妊症と漢方薬」
不妊治療をされている方は、ストレスもとっても多い。
そんな方に、ストレスをうまく回避できるように漢方薬を処方されている。治療を行ううえで、きめ細やかな診察を行って、体調の改善治療の継続に工夫されているとのこと。
ほんとに素晴らしい。

私、講演中は足を大の字で踏ん張っているのね。

講演の最後は、皆で座談会。
ほんとは好きなケーキを選んで食べながらだったのだが、ケーキはお土産に。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)
画像(240x166)・拡大画像(640x445)

皆で座談会中


一方的に講演でお話しするより、皆さんとの座談会が楽しい。会場、WEBからのご質問をお受けして、会場の先生方にもご意見を伺う。めっちゃ面白いやん。ソーシャルディスタンスでお近くで話せないのがちょっと寂しいかな。

最後に浅井先生と中井先生と記念写真。
中井先生も産婦人科の先生。数年前、中井先生の講演をお聞きして、㉟四逆散という処方を知った。また、お会いできてうれしい。
そして、会が終了したあとも、ずっと3人で女子会。
漢方女子との話は楽しすぎて終わらない。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)
画像(240x239)・拡大画像(640x639)

Posted by さかざきひろみ at 19時13分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年11月26日(木)

パパも [漢方薬]

先日の漢方jpのZOOMは
土倉潤一郎先生の講演会の「漢方初学者が簡単に成功体験できる方法」を聞いて、後日に座談会。

講演では土倉先生の推奨ベスト20(クリニックのHPに記載)の中からとくに有効なものを話して下さった。わかりやすくて、とても面白い。

座談会には土倉先生が循環器内科の先生なので、循環器つながりでなんんとパパも出演。
とても照れていたが、聴きたいことがあったらしくめずらしく参加してくれた。

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

土倉先生の話はどれも興味深かったが、芍薬甘草湯がいまいちのこむらがえりに53疎経活血湯が有効のこと。
パパは、さっそく患者さんに処方したよう。
あと、中高生のストレスで悪化する過敏性腸症候群には35四逆散+100大建中湯がとってもいいとも教えてもらった。

さらに、なんと座談会には竹越耳鼻咽喉科医院の竹越哲男先生も参加されていた。以前、東洋医学会でご講演をお聞きして一度お話ししたいと思っていた。ほんとにびっくり。

竹越先生は咳の漢方について教えて下さった。
いま、コロナで電車の中とか授業中とか咳をしにくい。
咳したらあかんと思えば思うほど、我慢すれば我慢するほど咳がこみ上げてくる。
そんなときに96柴朴湯+㉙麦門冬湯がめっちゃ効くとのこと。
是非使ってみて下さいと。
そういえば、先日小学生の男の子が電車の中で我慢すればするほど咳がでて困ると言う訴えがあった。
㉙麦門冬湯を処方したが、いまいちだった。

それで、同じような訴えの別の方に、さっそく96柴朴湯+㉙麦門冬湯を処方。なんとめっちゃ効いた。朝、苦しそうにしていたが、昼からピタッととまったらしい。

また竹越先生はYOU TUBEも配信されている。
「明解!西洋医学で耳鼻科漢方」
まるで落語を聞いているように面白い。
咳もpart1,2がある。

そして、竹越先生の講演会は12/4金曜日21時〜漢方jpにてライブがある。
ほんとに漢方jpつながりで、出会いがたくさん。
さらに勉強もたくさん。
漢方の輪が広がる。

Posted by さかざきひろみ at 16時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2020年11月17日(火)

いちまるきゅ- [漢方薬]

漢方薬は漢字が難しい。
以前㊳当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)の文字をみて主人が言った感想。
「この難しい漢字と長い名前があかん。
これを見ただけで漢方って難しいし、わけわからんって思う、この漢字がいややねん。」

そんなことを言っても1800年前の偉い先生がそう決めたから仕方ない。
私がキラキラネームをつけるわけにはいかない。
主人には、「この薬はしもやけに良く効く冷え性改善の薬。
当帰、呉茱萸、生姜は中に含まれる成分、四逆は手足が冷たいという意味。ゆっくり言ったら覚えられる。
私のあとについて3回大声で言ってみて!」
せっかく、私が大声で言ったのに、そのあと復唱はしてくれへんかった。

ママ達やお子さんも漢字が難しく番号で言う場合が多い。
「1番と17番と41番下さい」
「2番と99番ちょうだい」などなど。
問診票にも、番号で記載されていることが多い。

そして今日は
「先生、いちまるきゅー 下さい」

これは漢方109番小柴胡湯加桔梗石膏のこと。
読み方は「しょうさいことうかききょうせっこう」
5歳の○○くん。
扁桃腺炎を繰り返し、いつも抗生剤飲んでも高熱が4-5日続く。それが、ちょっと怪しいときに109番飲んだら扁桃炎を繰り返しにくくなった。
扁桃炎をよく繰り返すママ達にも好評。
私ものどが痛いときはすぐにこれを飲む。

扁桃炎にはいちまるきゅー

画像(320x199)・拡大画像(640x399)

Posted by さかざきひろみ at 20時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.