2024年07月11日(木)

梅雨の漢方 [漢方薬]

梅雨時は、身体がむくみ重だるくなりやすい。
他にも、頭痛やめまい、はきけなどの症状があったり、なんとなく不調をおこしやすい。

東洋医学では水毒の状態。

水毒のある人の舌は、舌の辺縁に歯の痕がついて(歯痕舌)、舌が浮腫んで大きくなっていることが多い(胖大舌)。
また、お腹の所見で、腹部大動脈の拍動がよくふれる(臍上悸)、胃のところをたたくと、ちゃぽちゃぽ音がする(胃内停水)などが見られることがある。

漢方薬ではP五苓散が大活躍。
先日のオンライン勉強会でも、各クリニックで五苓散を処方する頻度が増えるらしい。

ある先生は、梅雨の朝には、五苓散を2包内服するとのこと。

五苓散は、身体の水のバランスを調整するくすりで利水剤ともいう。
利尿剤は脱水があっても尿量を増やすが利水剤は、脱水の場合は尿をださない。身体の中の水の分布を調整してくれる。

利水剤として有名なのは、
㊴苓桂朮甘湯:水のバランスをよくするだけでなく、精神安定作用もある。パニックなどにも処方される。
㉚真武湯:全身の冷えがあるタイプで下痢しやすい。
 床にすいこまれそうなめまい。
㊲半夏白朮天麻湯:胃腸が弱く虚弱タイプ
  補中益気湯が効く人で、頭痛やめまいがあるタイプに
㊵猪苓湯:頻尿など尿トラブルがある場合 
㉛呉茱萸湯:片頭痛によく処方されるが、とってもまずい。
五苓散が無効で、胃腸虚弱で冷えが強いとき
㊸六君子湯:胃もたれと冷え、食欲不振
㉓当帰芍薬散:血のめぐりが悪い(血虚)と水毒タイプ
R小青竜湯:鼻水も水毒。鼻水が多く湿った咳をしている場合に。

ちなみにめまいの名言で、
『立てば苓桂、回れば沢瀉、歩くめまいは真武湯』
立ちくらみには「苓桂朮甘湯」を、天井がグルグル回るようなめまいには「沢瀉湯」を、そして歩行時のフワフワ感には「真武湯」。
沢瀉湯というのは、エキス剤にないので、五苓散で代用。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 18時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年06月20日(木)

毎週火曜日は夜更かし [漢方薬]

その理由は、漢方jpのオンラインサロン。
「モダンカンポウカンファレンス」

新見先生を中心に、漢方の勉強会と症例検討会。
色々な科の先生が集まるクローズの会。

いろいろたくさん勉強になる。
前の記事のマグネシウムのこともそこで教えてもらった。

ただ時間が21時〜22時なので、私にとってすごい夜更かし。
22時に終了してすぐ眠れるようにしているけど、直前までパソコンの画面を見ているので、すぐには眠れなかったりする。

アーカイブでも聞けるのだけど、リアルにディスカッションするほうが面白い。

画像(227x320)・拡大画像(454x640)

例えば、五苓散が効くけれど、あとひとおしのときは、116茵蔯五苓散がよいらしい。これは、五苓散+茵蔯蒿。
より熱をさまし、むくみをとる作用がパワーアップするらしい。だけど味がかなりまずくなる。

先日は、コレステロールを下げるスタチン製剤の話。
小児科医はまず処方することはないけれど、内科ではよく処方される。LDLコレステロールがそれほど高くないのに、漫然と処方されることがよくあるらしい。
それで、スタチン製剤による副作用である筋肉の痛みや抑うつなどで苦しむ人も多いとのこと。

漢方のことだけでなく、普段知らないことを色々教えてもらえる。
眠いけど、楽しいカンファレンス。

Posted by さかざきひろみ at 16時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年06月13日(木)

第7回日本小児漢方懇話会フォーラム [漢方薬]

今年は大阪。
7月7日(日)七夕に、場所は大阪のあべのハルカス25階。

画像(227x320)・拡大画像(454x640)

プログラムの詳細

午前中は、
◆小児漢方・漢方古典 ミニレクチャー 
10:00 – 11:00
「抑肝散を極める」
T『抑肝散』の勘所 〜症例を通じて「怒気」について考える〜  
   松山赤十字病院小児科副部長 上田 晃三    
U抑肝散の史的考察と加味方について 
   Kこどもクリニック・公立陶生病院・愛知医大:漢方外来 山口 英明
11:10 – 11:40
V漢方医学における小児科領域の診察法 〜腹診について〜 
   広瀬クリニック院長 木許 泉 

午後は、
12:00 – 12:50
特別講演T小児科領域の舌診 〜母の舌もみてみましょう〜    
   三谷ファミリークリニック院長 三谷 和男
13:05 – 13:55
特別講演U起立性調節障害の理解と漢方アプローチ 
   大阪医科薬科大学病院小児科助教 吉田 誠司

シンポジウム小児の起立性調節障害と睡眠に対する漢方薬
14:10 – 15:25 
T朝起きが苦手なフクロウ型に対する漢方治療を中心に〜生薬の薬能・薬性を生かす」
   久留米大学医療センター病院長 先進漢方治療センター教授  惠紙 英昭 
U子どもの起立性調節障害を伴う不登校治療 〜漢方と生活指導を両輪に〜
     鹿児島大学大学院医歯学総合研究科地域医療学分野准教授 網谷 真理恵
V漢方医学的概念から考察した起立性調節障害
     広島大学病院 漢方診療センター教授 小川 恵子
15:30 – 16:00 総合討論  

シンポジウムのテーマは、起立性調節障害。
治療が難しく難治例も多いため、現在多くの小児科医を悩ませている。もちろん漢方薬だけでうまくいくことも少ない。色々な治療法を工夫して、保護者と本人に寄り添うことが大切になる。そのヒントとなるようなシンポジウムになるのではないかと思う。

ぜひ多くの先生方に、参加していただけたらと。
現地参加以外にもライブ配信、オンデマンド配信もある。

参加登録はこちらから

そして、明日は宣伝のために、蘭子ちゃん、いずみーると一緒に漢方jpに参加予定。

画像(320x179)・拡大画像(640x359)

Posted by さかざきひろみ at 20時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2024


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.