2021年06月15日(火)

おしっこが近い〜 [漢方薬]

「この子、1日中、おしっこに行っているんです」
「夜寝る前に、何度も何度もトイレにいって、眠れないって泣くんです」
「膀胱炎でしょうか?」
そんな訴えが多い。
もちろん尿検査が必要。
だけど、ほとんどが正常で、膀胱炎でない。

以前からあったが、最近さらに心因性頻尿のお子さんがとっても増えているように思う。

何かのきっかけで突然おこる。
例えば、おしっこに行きたいときに行けなった。
少しだけおもらししてしまったなどなど。

あとは、不安や緊張やストレスなど色んな原因がある。
コロナ渦でお子さんも不安がいっぱい。

とにかく、気にしないことが一番。
いつでもトイレにいけるよと安心させてあげることも大切。

それだけでよくなることも多い。
あるママは、もれても大丈夫よといって、尿漏れシートみたいなのをつけたら、安心して頻尿がなくなったと言われていた。

だけど「だれか止めて〜」と泣きながらトイレに行く。
寝る前に何度もトイレにいくので、眠れないって泣くというお子さんもいる。
そんなときは漢方薬を処方していることが多い。

不安が強い、トイレに行くのと止めて〜と泣き叫ぶ。
そんなお子さんには 72甘麦大棗湯。

痩せ型で緊張しやすい、腹痛も時々いう、便秘がち
そんな場合には、99小建中湯。

神経質でイライラしているときは、54抑肝散。

どれもいまいちだったら、I柴胡桂枝湯。
あと、粉薬は絶対嫌だと言う場合はI柴胡桂枝湯には錠剤もある。

他にも色々。漢方薬には次の一手がたくさん。

画像(320x211)・拡大画像(622x411)

Posted by さかざきひろみ at 18時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年05月22日(土)

大阪から [漢方薬]

今週の木曜日夜は、WEBセミナー。
大阪から東京にむけて発信。
東京の先生が対象なのだけど、なんと166名の先生方が参加して下さった。びっくりやけど嬉しい。

「こどもの心によりそう漢方」と言う題名にしたのだが、ちょっと私だと役不足な感じがする。
ほんとは、最初に提案したのは「こどもの心のお助け漢方」。そんな感じがよかったのだけど、ポップすぎるということで却下。

画像(180x168)・拡大画像(640x599)
画像(180x125)・拡大画像(640x446)

いつも、講演のときは色々話したくてたくさんの処方を説明してしまうのだけど、あるとき「たくさん処方があって覚えられない」というご意見を頂いた。
たしかにそうだ。
それで、今回は
72甘麦大棗湯
54抑肝散
99小建中湯
10柴胡桂枝湯
16半夏厚朴湯
この5つの処方について症例と一緒にあわせて説明した。
おまけに㊶補中益気湯と思春期女子の漢方を少しだけ。

講演のあとは、30分間ZOOMでの情報交換会。
色々な先生とお話しできて、面白かった。
ほんとは、皆様にお会いしてお顔をみてお話しするのが一番だけど、WEBならでは参加できる先生も多い。

とにかく終わってほっとした。
私のdutyは雑誌の原稿があとひとつ。
しかも締め切りは7月下旬。
しばらくなにかに追い立てられることはない。
明日は、孫っぴと心おきなく遊べそう〜。

Posted by さかざきひろみ at 16時31分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年05月16日(日)

日本小児東洋医学会WEBセミナー [漢方薬]

今日は、日本小児東洋医学会のWEBセミナー。
学会でのWEBでの試みは初めて。

画像(129x180)・拡大画像(462x640)

前もって、録音していたものを送っていたのだが、やっぱりライブで話したい。
そのほうが、思いが伝わると考えて、急遽ライブでお家から参加。事前打ち合わせがギリギリだったので、若干不安があったけど、なんとかスライドも共有できてうまくいった。

やっぱりライブがいいね。テンションがメッチャあがる。

山口英明先生の「こどもの発達支援と漢方薬」のお話しはめっちゃ勉強になった。

1)自閉症スペクトラムについて
症状は多彩なので、1剤より2剤を組み合わせたほうが効果があるとのこと。
甘麦大棗湯+83抑肝散加陳皮半夏
甘麦大棗湯+大柴胡湯去大黄
大柴胡湯去大黄+83抑肝散加陳皮半夏など
乳幼児期は向精神薬は使用しにくいが、漢方薬なら早期から処方できる。

2)夜泣きについて
甘麦大棗湯は日本では江戸時代から使われていたそう。
甘麦大棗湯、抑肝散加陳皮半夏、柴胡加竜骨牡蛎湯などの中から1剤を処方し、2週間後効果がなければ別の薬を追加するのがよいと言われていた。

3)子育て不安と漢方母子母子療法。
イライラと不安が強く涙部ぐむお母さんに抑肝散と、不安でたまらないときに頓服で甘麦大棗湯を処方されていた。
私もよく不安で涙がでてくる方に甘麦大棗湯を処方している。お子さんと一緒にママも治療できるのが漢方薬の素晴らしいところ。

途中、急に画面がダウンしたり、ほんとに色々あったが、終わってほっとした。蘭子先生お疲れ様です。
次は7月の懇話会。こちらは演者の先生が多いからもっと大変かも。今からどきどき〜。

Posted by さかざきひろみ at 16時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2021


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.