2024年04月16日(火)

48番 十全大補湯 [漢方製剤]

じゅうぜんたいほとう。「だい」ではなく「たい」と読む。

補中益気湯とよく似た効果だけど、
疲労倦怠があるときに、まだ頑張れそうなときは、㊶補中益気湯。もう頑張れないときに㊽十全大補湯。
そんなイメージ。
どちらも身体を元気にする人参と黄耆が含まれる参耆(じんぎ)剤。

画像(320x177)・拡大画像(640x354)

血虚(足りない血をおぎなう)の代表である四物湯。
気虚(消化機能が弱く気がたりない)の代表である四君子湯。
そこに、皮膚を強くして滋養強壮作用のある黄耆と、温めて気をおぎなう桂皮が含まれている。

倦怠感やだるさがあって、かつ血虚の症状
(貧血、皮膚の乾燥、皮膚のつやがない、髪の毛が抜ける、月経量が少ない、目がかすむ、筋肉のひきつりなど)があれば、十全大補湯。
悪性腫瘍の術後などにもよく処方されている。

急性中耳炎ガイドラインには、反復性中耳炎に対して「補剤である十全大補湯は、免疫賦活・栄養状態改善などを通して中耳炎罹患回数の減少効果を融資、反復性中耳炎に対する使用が推奨される。」とされている。

また肛門周囲膿瘍の急性期には排膿散乃湯が有効だが、繰り返す場合は予防といて、十全大補湯が処方される。

どちらも、2歳未満の乳幼児に多い疾患で、十全大補湯の有効性が報告されている。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 19時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年04月09日(火)

47番 釣藤散 [漢方製剤]

ちょうとうさん。

小児科では、あまりなじみのない薬。

画像(320x183)・拡大画像(640x367)

慢性頭痛の診療ガイドラインに、頭痛に有効な漢方薬として記載されている。

主に、虚弱な人で血圧が高めの人の頭痛に対する薬。
頭痛は朝方におこることが多い。

実証タイプの高血圧には黄連解毒湯を用いる。

釣藤鈎というのは、抑肝散にも含まれている。
これは、興奮を抑えて、緊張からくる筋肉痙攣を和らげる。
菊花は、目に良い生薬。頭痛や目の痛み、めまいに効果がある。
石膏はかっかするのをおさえて、防風は鎮痛作用。
麦門冬は心を潤す。
さらに、六君子湯が含まれているので、胃腸に優しい。

イメージはイライラしてのぼせて、気が逆上して頭痛めまいがする人。
高山先生によると、元気だが気難しく頑固な老人にあう薬らしい。

Posted by さかざきひろみ at 18時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年03月28日(木)

46番 七物降下湯 [漢方製剤]

しちもつこうかとう。

これは、一番新しい、といっても昭和に作られた方剤。
漢方の大家の大塚敬節先生が、高血圧で眼底出血となり、失明寸前だったのだけど、自らこの処方を作って、その症状を治されたらしい。

画像(320x178)・拡大画像(640x357)

血虚の代表方剤である四物湯がまるまるはいっている。
これは、血のめぐりをよくして、止血効果のために用いたらしい。さらに、釣藤鈎は脳血管の痙攣を予防するために、黄耆は毛細血管を拡張して血行をよくするために、さらに黄柏は地黄が胃にもたれるのを予防するために用いたとのこと。

大塚先生は、これで、右目の失明を免れて、脳出血にもならなかったそう。

大塚先生曰く、この薬をもちいるコツは以下の4つ。
1)疲れやすく最低血圧が高い、
2)尿中たんぱく+のもの、
3)腎硬化症疑いの高血圧の人、
4)いろいろな漢方をつかっても良くならない人

だけど、小児科では、まず出番がない処方。
自分のために新しい漢方薬を作られたということがすごい。
そんなことができたらいいなあとつくづく思う。

Posted by さかざきひろみ at 18時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2024


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.