2021年04月18日(日)

日本小児科学会 in kyoto [学会]

今年は京都にてハイブリッド開催。
ハイブリッドというのは、現地参加もWEB参加でもOK。

色々な講演があり、あれもこれも聴きたくなる。
オンデマンドもあるので、後でも聴講可能。

WEBで小児科専門医の点数をとるためには、教育講演を最初から最後まで聴いて、テストに合格する必要がある。
それがなければ、学会参加証ももらえない。

昨年は、すっかり忘れていたが、今年はちゃんと参加証GET。

学会では、COVID19関連の話が多い。
新しくわかってきた色々なこと。
疫学、臨床的特徴、検査、ワクチンなど。

COVID19のこどもの心への影響の話も興味深かった。
たしかに、外来でもこころのトラブルを抱えるお子さんがとても増えている。

他には、頭部外傷、睡眠問題、便秘、思春期の心の問題など色々な講演を拝聴できた。

現地開催のみのころは、人気の講演は立ち見、または会場に入ることもできなかった。
オンラインならではの、いつでもどこでもはとてもいい〜。

これからは、学会はすべてこの形式かな。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

瑠璃光院の青もみじ

画像(180x240)

Posted by さかざきひろみ at 13時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年11月08日(日)

WEB学会 [学会]

昨日から日本小児感染症学会。
1日目は、孫っぴと一緒に学会参加。
2日目は、庭仕事や講演のスライド作り、衣替えしながら参加。
ほんとにWEB学会はとても便利。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

お庭にパソコン

画像(135x180)・拡大画像(473x629)

今回興味深かったのは、インタラクティブセッション。
普通学会は一方通行で、講演を聴いているだけのことが多い。
このセッションは、症例提示してもらって、アンケートに答えながら進んでいく。
症例も興味深くとても勉強になった。

症例@ 5ヶ月男児 なんだか変な肺炎
症例A 1歳女児 なかなか下がらない熱
症例B小児のCOVID-19患者が入院です!

どれも面白い。
最後のCOVID-19患者は、結局違う疾患だった。
小児は抗原検査が疑陽性が多く注意が必要。
最後の講習会でも、子どもはコロナに感染しにくい。家族やその周り大人が陽性でなければ感染しないと話されていた。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

来週ぐらい秋のガーデニングをしなくては。
夏のお花は最後かな。

Posted by さかざきひろみ at 16時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年08月23日(日)

学会参加 [学会]

今日まで学会。
後でオンデマンドで見れるものもたくさんある。
教育講演で点数をとれるものは、結局あとでじっくり見ることに。

今回私が聞いたのは、

「the first 1000 days」
胎児期から乳児期(受胎から2歳まで)に暴露する環境は将来の健康に影響し、とくに乳児期の栄養や睡眠が大切。何をして何を食べるかで将来が変わってくる。腸内環境や外遊びも欠かせない。他には、スマホやたばこの悪影響などについても。生後3ヵ月から昼夜のリズムがついてくるので、しっかり生活リズムを整えたい。

「インフルエンザ診療と抗インフルエンザウイルス薬」は中野先生のお話し。COVID19の話ももりだくさん。日本感染症学会がだした「今冬のインフルエンザとCOVID-19に備えて」の内容をわかりやすく説明して下さった。さすが中野先生の講演はいつもとっても勉強になる。

緊急シンポジウム「COVID-19:小児に関わる課題と対策」もとても興味深かった。
藤岡先生が開業医の立場からのお話しをしてくださった。
COVID19の小児の特徴は
@感染しにくい
 (濃厚接触者でなければ、感染者の可能性は極めて低い
A感染させにくい
 (家庭や学校で広げる可能性は低い)
A重症化しにくい「
  (診断されても無症状か軽症が多い)
さらに、子ども達や保護者に不安を与えないようにする」と言うことがとても大切と言われたのが印象的だった。英語のセッションは日本語訳で聞いてたけど、これがわかりにくい。パパは英語で聞いた方がいいでって言ってたけど。もっとわからんわ。

「酪酸・酪酸産生菌の最新情報」
懇話会の特別講演をお願いしている内藤先生。
酪酸菌の話だけかと思ったけど、COVID19の話がもりだくさん。便からいつまでもウイルスが排出されているとのこと。トイレを流すときは、ふたをしめてね。

「機能性消化器疾患と漢方薬
—心と体をつなぐ医療を目指して—」

小児の便秘治療で有名は十河先生のお話し。

画像(135x180)・拡大画像(483x640)

中医学は梁先生に啓蒙されたとのこと。
㊸六君子湯はちびまるこちゃんの山根くんっぽい、歯痕舌、胃内停水があれば決まり。アレルギー性紫斑病には、西洋薬治療に加えてI柴胡桂枝湯がいい。O半夏厚朴湯+㉟四逆散、60桂枝芍薬湯+㉟四逆散の合法も使えそう。

このセッションを聞きながら孫っぴの朝食。全部食べたのにまだ欲しそうにしてたから、パンを渡したら必死でかぶりついていた。どんだけ食べるねん。

他にも、「小児アトピー性皮膚炎の外用療法テクニック」「子どものこだわりの診立てと対応」などなど。

ながら学会だったけど、色々参考になった。
土曜日は孫っぴがお泊りしたので、自宅での学会。

彼と一緒に学会参加。
これも結構面白い。

学会参加?した芦屋で見つけたバッグ。
外出したら、素敵な出会いもある。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

朝日

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 19時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2021


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.