2021年03月04日(木)

リアルで [漢方薬]

彦根医師会学術講演会は、リアル開催。
ずっとWEBだったので、リアルは久しぶり。
実は今回の講演は、橋本進一先生に推薦して頂いた。

ほんとに大阪から行ってもよいのか何度かお聞きしたのだけど、「どうぞどうぞ」とのこと。

久しぶりに大阪府外へ。
新幹線にのって30分で米原へ。
あっという間に到着。
お天気がよくて、春の陽気。

本来なら日帰りも全然OKなのだけど、せっかく彦根。
琵琶湖で走りたい〜。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)
画像(180x240)・拡大画像(480x640)

会場は感染対策がしっかり。
3人掛けテーブルはひとりずつ、間にはシールド。
2重マスクしている先生も多い。
もちろん私の前にシールド。
さすがに2重マスクで話すのはしんどそうなので、マスクは1枚にして、お話させて頂いた。
でも、私は鼻が低いので、話しているとなんどもマスクがずれそうになる。

こんな時期のリアル講演でしかも漢方薬なのに、ほんとに多くの先生方が参加してくださった。
しかも、私の話を「うんうん」とうなづきながら聞いて下さる。これこれ、この感じ、これがいい〜。
お話していて私自身がとっても楽しい!
やっぱり、リアル講演は面白すぎる。

画像(180x119)・拡大画像(640x424)
画像(240x180)・拡大画像(640x480)

ホテルに戻ってパパと合流。
さすがに食事はすべてお部屋で。
夕日がとってもきれい。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by さかざきひろみ at 18時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年02月28日(日)

大野先生の漢方セミナー [漢方薬]

今日は、大野修嗣先生のwebセミナー「春の漢方」
実は近畿小児科学会も今日。
ちょっと同時に聴いてみたけど、さすがに頭が変になりそう。
近畿小児科学会はオンデマンドにすることに。

大野先生のご講演は、
メインは花粉症。

 第一選択はR小青竜湯
 無効な場合→竜虎湯(R小青竜湯∔95五虎湯)
 さらに無効→大青竜湯(㉘越婢加朮湯+㉗麻黄湯)

 冷えがひどい→竜附湯(R小青竜湯+127麻黄附子細辛湯)
 眼の症状がひどい→㉘越婢加朮湯
 鼻閉が目立つ→A葛根湯加川芎辛夷

いつもどおりのええ声でとってもわかりやすいご講演。

外来でも花粉症は先週からどっと増えた。特に目の症状がひどい。
先週土から月にかけて、スギが一気に飛散した。。
お薬が全然ない状態で来院された方は、眼がはれて真っ赤、
鼻閉もひどい。この場合は西洋薬の内服、点眼、点鼻薬、さらに漢方薬を総動員。
昨年の薬が少し残っていた場合は、ちょっとまし。

舌下免疫療法をしているお子さんはほんとに軽い!
全く症状のない場合もある。
やはり、スギの舌下免疫とっても有効。
今は開始できないけど、
GWあけにはスギの舌下免疫療法ができるので、忘れないでね。

あと12歳以上でスギアレルギーが強いお子さんは、ゾレアという注射の治療もある。
これは、抗体が免疫細胞に結合するのを防ぐことでアレルギー症状をおこしにくくする。
投与出来る人は
12歳以上
スギIGEクラス3以上、総IGE1500以下。
体重やIGEの値で2週または4週に1回注射を2-5月の間投与。
でも、注射は痛いから絶対嫌って言われることが多いね。

 今週の新作

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

悪役にもチャレンジ。

Posted by さかざきひろみ at 07時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年07月12日(日)

OTC漢方薬 [漢方薬]

久々にいいお天気。
今朝は、今年初めての蝉の声。

今日は、市販のOTC(over the counter)漢方薬のお話。
お値段がちょっと高いけど、結構たくさん販売されている。
医療用漢方薬と同じ名前のものも多いが、小林製薬さんのはネーミングが面白い。

画像(135x101)・拡大画像(270x203)

最近発売されたのは、
テイラック:低気圧などで不調を感じる方に
気圧変動による体内バランスの乱れに伴う症状を改善
実はこれはP五苓散がまるまる入っている。
ただ24錠で1000円。1回4錠なので、6回分だけ。
湯水のように五苓散を飲んでいる水毒女の私だと、何瓶も買わないといけない。あとアルピタンもP五苓散。これはアルコールなどによる頭痛にと記載されている。いわゆる二日酔い。

ほかにも色々調べてみた。

画像(320x238)・拡大画像(640x476)

この中で、実際のエキス剤と同量なのは、テイラック、アルピタン、コムレケアだけ。
あとは全部含有量が少ない。
それにしても名前が面白い、ジジラックって、ちょっと笑ってしまう。

また、漢方薬って体質にあわせる必要もある。
例えばギャクリアは㊸六君子湯なのだけど、これは冷え性で虚弱な人用。ガッチリタイプで冷えのない場合はM半夏瀉心湯。ダイエットのためにナイシトールやビスラックゴールドを飲んだだけでは痩せない。痩せるには食事、運動、睡眠など生活習慣の改善が絶対必要。

これ以外にも、実際たくさんの市販薬があるので、どうしても病院に行く時間がない人は、試す価値があるかもしれない。それで、良く効いたら、あとは病院でもらったほうが安上がり。行く時間がないときはオンラインもおすすめ。

Posted by さかざきひろみ at 13時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2021


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.