2021年08月08日(日)

12歳以上の子どもの新型コロナワクチン [診療]

大阪市でももうすぐ、12歳〜16歳の方に新型コロナワクチンの接種券が配られます。
以前も、お子さんに対する新型コロナワクチンの記事をアップしましたが、もう一度まとめてみました。

10代のお子さんの新型コロナワクチンについての考え
@10代の健康なお子さんは、今のところは新型コロナウイルスに罹患しても、ほとんどが無症状また軽症と言われています。しかし罹患すると、10日間の隔離が必要になります。お子さんに感染させるのは、周囲の大人(家族や学校の先生など)なので、まず周囲の大人がワクチン接種することが大切です。
A高齢者と同居している、または接触が多い場合や、受験やスポーツの対外試合など予定が変更しにくい場合(感染により、塾に行ったり受験そのもの、対外試合などが不可能になるリスクを減らす)は、接種を考慮してもよいかもしれません。
B重度の基礎疾患のあるお子さんへのワクチン接種は、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐことが期待されます。

健康な子どもへのワクチン接種には、メリット(感染した場合のこと感染拡大予防等)とデメリット(副反応等)を本人と保護者が十分理解することが大切だと考えます。
以下はVPDのサイトから引用しています。

[感染によるリスク]
※ワクチン接種でこれらのリスクはほとんどなくなる
@軽症や無症状でも隔離が必要 
A隔離による予定の変更やキャンセル
B周囲へ感染を拡げるリスク      
Cまれに重症になるリスクがある
D日本では実態はよくわかっていないが、何らかの症状が持続するかもしれない

[ワクチン接種のリスク]

※局所反応や全身反応は接種翌日をピークに、ほとんどが1週間ほどで改善
@ 接種後の接種部位の痛みや腫れなどの局所反応
A 接種後の全身倦怠感、頭痛、発熱などの全身反応
B 接種後のアナフィラキシー、心筋炎・心膜炎 ➡ 非常にまれ 
C 長期的な副反応 ➡ 現在のところ懸念されていない

以下は、小児への新型コロナワクチン接種についての各学会の見解です。ご参考にして頂ければと思います。
日本小児科学会の見解 
日本小児科医会の見解
VPDを知って、子どもを守ろうの会の見解
子どもの新型コロナワクチン接種の考え方(ポイント)
子どもの新型コロナワクチン接種の考え方(解説) 

Posted by さかざきひろみ at 18時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年08月03日(火)

PAPP?? [診療]

外来で便秘治療をしているお子さんはとっても多い。
うまく軽快するまで、年単位。
2歳以上はモビコールを飲んでくれている。
お腹痛くなるときは99小建中湯を併用。

ただ、なかなか毎日排便できないケースも多い。
モビコールを毎日飲んでいても2-3日に1回。
こんなときは、PAPP
これは、便秘の大家、横浜市東部病院小児肝臓消化器科の十河剛先生のことば。

PAPPとはPlan and Perform Active Poo
Plan for Active Pooとは、朝と晩、食後にトイレに行く時間を作る。
Perform Active Pooとは、便意がなくてもウンチがでない日の夜はトイレで排便する。

便秘のお子さんは、直腸が拡大していてたくさん便をためることができる。だから、計画的にトイレに行くことが必要。
3歳ぐらいで、おしっこはトイレでいけるけど、ウンチはオムツでしかでないというお子さんもとっても多い。この子たちは、なかなかトイレにいけないけど、排便がスムーズになってくると、だんだんトイレにでウンチがでるようになる。そこがまず最初の目標となる。

十河先生の山本五十六元帥式トイレットトレーニングのコツは、

やってみせ➡自分がするときに一緒にトイレに連れて行ってみる。
言って聞かせて➡絵本などを使って、ウンチのことを子どもと話す
させてみせ➡トイレに連れて行って、まずは座らせてみる
ほめてやらねば➡できたら褒めてあげる。できなくても叱らない。褒め方は色々、便秘日記にシールを貼ったり、ハグしてあげたり、チューしてみたり。
人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

便秘も奥がふかい。
毎日、便を楽にだすというのは、とっても大切。
目指せ、「早寝、早起き、朝うんち!」

画像(320x246)

Posted by さかざきひろみ at 16時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年03月12日(木)

検査しないように [診療]

昨日、日本医師会から通知されたこと
「インフルエンザなどの検査のために検体を採取する際に新型コロナウイルスに感染する可能性があるため、検査をせずに臨床診断によって治療薬を処方するように」
「もし検査する際には、サージカルマスクや眼の防護具(ゴーグルまたはフェイスシールド)、ガウン、手袋を装着するように、それが準備できないときは検査すべきではない」
すなわち、医療機関が防護具を用意できている場合のみ検査可能とのこと。

実際、北海道で医師が診察した患者が、後になって新型コロナウイルス感染が分かり、その医師の感染も確認される事例があった。この患者さんにインフルエンザの迅速検査を行っていたとのこと。

なかなか、全員に防護服やフェイスシールドをつけて検査するのは難しい。臨床的にインフルエンザと診断して薬を処方しなさいということだ。
もともと以前から、園が要求する検査とか、陰性証明の要求とか、念のための検査はあまり意味がない。インフルエンザ迅速検査できるようになったのは、2000年。それまでは症状だけで診断していた。

現在、迅速診断検査は、インフルエンザ、アデノ、ヒトメタニュウモ、溶連菌、マイコプラズマ、RSウイルスなどがある。
この中で、有効な薬があるのは、インフルエンザ、溶連菌、マイコプラズマだけ。
溶連菌は咽頭の所見だけで診断可能。
マイコプラズマも特徴的な臨床症状がある。
インフルエンザも軽いものには薬は不要かと思う。

あと、鼻吸引も濃厚接触かな。
耳鼻科の先生とかはどうするのだろう?

小児科では、私だけが防護服をきても、お子さんがじっとできない場合はスタッフがお子さんを固定しないといけない。
スタッフも私も完全防備でいうのは、一般の開業医では、とても大変。

だけど、うちのクリニックレベルでできる範囲で最大限努力しないとね。今は色々耐えるとき。

Posted by さかざきひろみ at 19時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.