2020年03月12日(木)

検査しないように [診療]

昨日、日本医師会から通知されたこと
「インフルエンザなどの検査のために検体を採取する際に新型コロナウイルスに感染する可能性があるため、検査をせずに臨床診断によって治療薬を処方するように」
「もし検査する際には、サージカルマスクや眼の防護具(ゴーグルまたはフェイスシールド)、ガウン、手袋を装着するように、それが準備できないときは検査すべきではない」
すなわち、医療機関が防護具を用意できている場合のみ検査可能とのこと。

実際、北海道で医師が診察した患者が、後になって新型コロナウイルス感染が分かり、その医師の感染も確認される事例があった。この患者さんにインフルエンザの迅速検査を行っていたとのこと。

なかなか、全員に防護服やフェイスシールドをつけて検査するのは難しい。臨床的にインフルエンザと診断して薬を処方しなさいということだ。
もともと以前から、園が要求する検査とか、陰性証明の要求とか、念のための検査はあまり意味がない。インフルエンザ迅速検査できるようになったのは、2000年。それまでは症状だけで診断していた。

現在、迅速診断検査は、インフルエンザ、アデノ、ヒトメタニュウモ、溶連菌、マイコプラズマ、RSウイルスなどがある。
この中で、有効な薬があるのは、インフルエンザ、溶連菌、マイコプラズマだけ。
溶連菌は咽頭の所見だけで診断可能。
マイコプラズマも特徴的な臨床症状がある。
インフルエンザも軽いものには薬は不要かと思う。

あと、鼻吸引も濃厚接触かな。
耳鼻科の先生とかはどうするのだろう?

小児科では、私だけが防護服をきても、お子さんがじっとできない場合はスタッフがお子さんを固定しないといけない。
スタッフも私も完全防備でいうのは、一般の開業医では、とても大変。

だけど、うちのクリニックレベルでできる範囲で最大限努力しないとね。今は色々耐えるとき。

Posted by さかざきひろみ at 19時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年12月19日(木)

かさかさ [診療]

外来では、肌が乾燥してで痒みが強くかきむしっているお子さんが多い。冬になると必ず皮膚がかさかさになる。カサカサになるととっても痒い。
「お風呂上りに保湿してるのですが....」と言われるが、1日1回では足りない。保湿剤を塗っても皮膚に短時間しかのっていない。でも1時間おきに保湿するのは非現実的。
最低でも1日2回肌をきれいにして、しっかり保湿!

また、掻きむしって湿疹が悪化しているところは適切なステロイド剤を塗布して早く肌の状態を回復することも大切。兵庫医大皮膚科の夏秋教授は、従来お子さんの皮膚はつるつるなはず、その皮膚がカサカサということは、すでに皮膚の炎症があるということなので、ステロイド塗布したほうがよいとも話されていた。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

保湿剤ラインナップ。
ほんとに色々ある。
サラサラしているものからしっとりするもの。
どれが一番かは、お子さんそれぞれで違う。
お子さんの肌の状態に合わせて選ぶのがよいと思う。
あと、べたつくけど一番シンプルなプロぺトが良い場合も多い。

最近、評判がよかったのがこれ。
ポンプ式で使いやすい。
200mlあるし、しっとり。お子さんも喜んで使ってくれる。だけど、残念ながらしばらく製造中止になってしまった。あと10本ほどはあるそうなので、ご希望のかたはお早めに。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)
画像(135x180)・拡大画像(480x640)

ほかには、かさかさで痒みが強いときは、漢方入浴剤もおすすめ。

画像(240x174)・拡大画像(640x466)

当帰5g、地黄5g、インチンコウ15g、甘草5gの4つの生薬をこのお茶のパックにつめてお渡ししている。それを、そのままお鍋で煮出して煎じた液をお風呂に入れるだけ。
ヨモギの香りがして、ほっこり。
皮膚もしっとり。かゆみもとれるとのこと。

画像(180x134)・拡大画像(419x314)

生薬入りパック

画像(180x133)・拡大画像(312x232)

お鍋に入れて煮出す


とにかく、スキンケアはとっても大切。
特に小さな赤ちゃんは、スキンケアと適切な軟膏塗布でいつもつるつるを目指したい。

Posted by さかざきひろみ at 17時29分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年09月29日(日)

お豆腐が... [診療]

「以前まで豆腐が大好きだったのに、
最近のどがいがいがして、もやしもだめ。豆乳も無理。だけど納豆は大丈夫」
その子は、花粉症でハンノキの値が高かった。
ハンノキやシラカンバと豆腐の抗原が似ているのでアレルギー症状をおこすよう。
納豆やみそ、お醤油は発酵しているから大丈夫。
これは口腔アレルギー症候群。
ハンノキとお豆腐が似ているってなんかアレルギーって変なかんじ。

ちなみに、口腔アレルギー症候群で多いのは、特定の果物や野菜。
それらを食べると、イガイガしたり、喉がかゆくなったり、唇が腫れたりする症状でて、花粉症と関係していることが多い。花粉症の原因のアレルゲンと構造がよく似ている物質が含まれる食物を食べた時に、症状をおこす。

有名なのは、
ハンノキ・シランカンバ→リンゴ、もも、サクランボ、イチゴ、キウイ、びわ、大豆、もやし
スギ・ヒノキ→トマト
カモカヤ・オオアワガエリ→メロン、スイカ、バナナ
ブタクサ→メロン、スイカ、きゅうり、バナナ
ヨモギ→セロリ、ニンジン、キウイ

お豆腐や果物も美味しいのに、急に食べれなくなるのは残念。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by さかざきひろみ at 19時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.