2024年07月14日(日)

今日は

まごっぴが泊りに来る予定だった。
ほんとは、主人と京都にお泊りに行くつもりだったけど、彼が来るのでキャンセル。

しかし、昨日まごっぴからライン電話。
「婆、げぼした」
娘曰く、朝からお腹痛くて嘔吐していると。
彼は、おしゃべりしてくれるけど、げっそりしてしんどそう。

OS1ひとくちにしてもげぼらしい。
五苓散座薬もいれたらしいが.....。

「五苓散OS1をちびちび、なめたらいいよ」というと、
まごっぴ曰く「わかった」

画面の向こうで、五苓散入りOS1ひとさじを、舌でぺろぺろ。
決して飲まない。

「いっぱいねんねしたら、よくなるからねんねしとき」
「わかった」といって、大人しくベッドに眠りにいった。

そして、今日の朝。
まだ顔はしんどそうだけど、元気にお話してくれた。
「もう、げぼしてない。
だけど、大阪は遠いからいけない」

朝からおうどんを少しだけ、やっと食べれたらしい。
「17番と99番飲んでね」
「もう飲んだよ!」

画像(180x240)・拡大画像(480x640)
画像(240x180)・拡大画像(640x480)

彼が来るから、色々準備していたのだけど。
他にも縁日ごっこに花火。
だけど、無理するのはよくないし、今はビデオ通話があるので、いつでも会えるね。

Posted by さかざきひろみ at 19時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年07月13日(土)

お口あーん [クリニック情報]

1歳の○○ちゃん。
診察室に入って、私の顔をみるなり、まずお口をあーん。
「もしもしからね」と言って、聴診器で音を聞いているときも、私と目があうと、また口をあける。

診察のとき「お口あーん」って、繰り返してたのを覚えてくれたのね。
○○ちゃんは、ばいばいっていったあとも、私と目が合うと口を開けていた。
私の顔=「お口あーん」
ほんとに可愛い。

2歳の○○くん。
診察室に、Tシャツを手であげながら入ってくる。
そして、椅子に座ると、服をあげて、おなかを見せてくれる。

この子は、もしもしのとき、お洋服を上げるのを覚えててくれたのね。

だけど、お口あーんや診察をとっても嫌がるお子さんも多い。
無理に舌圧子で、口をあけて喉をみたことが、とっても嫌な経験として残っているから仕方ない。

上手にお口をあけたら、ライトだけで、舌圧子はいらない。
口をあけてくれても、舌を下げないと喉はみえない。
「あー」って大きな声をだしたら、のどが見えるのだけど、なかなかコツをつかむまでは難しい。

だけど、一度舌圧子なしで、喉をみせれたら、辛くないことがわかって、次から大丈夫。
そこまでが、時間がかかることも多いけど、なぜか突然できるようになる。
それが、お子さんたちの成長かな。

外来では、インフルエンザは下火に。
新型コロナが増えてきた。
小さいお子さんたちの高熱は手足口病が多い。
大きなお子さんたちの長く続く発熱と咳はマイコプラズマ。

7月になって、お熱の方がとっても多い。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 19時16分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年07月11日(木)

梅雨の漢方 [漢方薬]

梅雨時は、身体がむくみ重だるくなりやすい。
他にも、頭痛やめまい、はきけなどの症状があったり、なんとなく不調をおこしやすい。

東洋医学では水毒の状態。

水毒のある人の舌は、舌の辺縁に歯の痕がついて(歯痕舌)、舌が浮腫んで大きくなっていることが多い(胖大舌)。
また、お腹の所見で、腹部大動脈の拍動がよくふれる(臍上悸)、胃のところをたたくと、ちゃぽちゃぽ音がする(胃内停水)などが見られることがある。

漢方薬ではP五苓散が大活躍。
先日のオンライン勉強会でも、各クリニックで五苓散を処方する頻度が増えるらしい。

ある先生は、梅雨の朝には、五苓散を2包内服するとのこと。

五苓散は、身体の水のバランスを調整するくすりで利水剤ともいう。
利尿剤は脱水があっても尿量を増やすが利水剤は、脱水の場合は尿をださない。身体の中の水の分布を調整してくれる。

利水剤として有名なのは、
㊴苓桂朮甘湯:水のバランスをよくするだけでなく、精神安定作用もある。パニックなどにも処方される。
㉚真武湯:全身の冷えがあるタイプで下痢しやすい。
 床にすいこまれそうなめまい。
㊲半夏白朮天麻湯:胃腸が弱く虚弱タイプ
  補中益気湯が効く人で、頭痛やめまいがあるタイプに
㊵猪苓湯:頻尿など尿トラブルがある場合 
㉛呉茱萸湯:片頭痛によく処方されるが、とってもまずい。
五苓散が無効で、胃腸虚弱で冷えが強いとき
㊸六君子湯:胃もたれと冷え、食欲不振
㉓当帰芍薬散:血のめぐりが悪い(血虚)と水毒タイプ
R小青竜湯:鼻水も水毒。鼻水が多く湿った咳をしている場合に。

ちなみにめまいの名言で、
『立てば苓桂、回れば沢瀉、歩くめまいは真武湯』
立ちくらみには「苓桂朮甘湯」を、天井がグルグル回るようなめまいには「沢瀉湯」を、そして歩行時のフワフワ感には「真武湯」。
沢瀉湯というのは、エキス剤にないので、五苓散で代用。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 18時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2024


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.