2022年12月08日(木)

面会

今日は、リハビリ病院に入院して初めての面会。
主治医の先生、看護師さん、理学療法士さんから色々母の病状の説明をきいた。
そして、1週間ぶりにやっと母に会えた。

急性期病院に入院中は個室だったので、毎日会うことができていた。

母は私の顔を見たとたん泣いていた。
それをみて、思わずもらい泣き。
一人でさみしかったに違いない。

前もって、リハビリの先生からは、母のリハビリの様子の動画を送ってもらっていた。
そこには、一生懸命、頑張って歩く母の姿があった。

87歳で、約1カ月寝たきりで、もうこのまま寝たきりになるのかなとあきらめていた。
しかし、動画の中で、失調はあるものの、しっかり歩いていた。
真剣な顔で何度も何度も往復する姿がうつっていた。

そして、やっと母の声が聴けた。
急性期病院に入院しているときは、ずっと無言というか、話せなかった。

久しぶりに聞く母の声はかなり低音。
短い言葉だけど、とても一生懸命に話そうとしていた。

とっても痩せてしまったが、以前の母の面影が少しもどってきた。しかも、病院の指定のピンクの可愛いウエアがよく似合っている。

ただ、問題はあまり食べない。
水分もとらない。もともとあまり食べないほうだったのだが。

今は、食べることに対する意欲がないよう。
母も「興味ない」と言いきっていた。

「食べて元気にならないと、まごっぴに会えないよ」
この言葉が一番きく。

そして、夕方は孫っぴとのライン通話。
「大ばあ、たくさん食べてください。
元気になってください。待っているよ。」といって、
あわてんぼうのサンタクロースの歌を突然歌いだしていた。

母は「可愛いなあ」と嬉しそう。
まごっぴは「大ばあ、座ってる」
そう、今まではずっとベッドで寝ている母とライン通話していた。彼にもその違いがわかるのね。

ただ、今後は実際に母と面会できるのは月1回だけ。
あとは月1回のZOOM面会。
母の様子は、定期的に動画を送ってくれるけど。
ライン通話はお願いしたらできそうなのだが。

リハビリ病院の面会は個室であってもとても厳しい。

とにかく、少しでも動けるようになってほしい。
そして、実際に孫っぴに合わせてあげたい。

Posted by さかざきひろみ at 19時36分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2022年12月06日(火)

葛根湯医者 [漢方薬]

江戸時代の落語に「葛根湯医者」というのがある。

「おまえどうしたんだ? どっか悪いのか?」
「先生ね、あっしはあたまが痛くてしょうがないんですよ?」
「それは頭痛だ。葛根湯あげるから、それおあがり」

「あっしは、はらが痛いですよ」
「それは腹痛だ。葛根湯あげるから、おあがり」

「あっしは、あしが痛いんですよ。」
「それは足痛だ。葛根湯あげるから、おあがり」

「あっしは、兄貴が足が痛いって言うんで、一緒についてきたんですよ。」
「あー付き添いか。退屈だろう。葛根湯おあがり」


これは、どんな人にも葛根湯をだしてしまう藪医者の話のようにもみえる。たけど、葛根湯は非常に応用範囲が広く色々な症状にも有効という意味でもある。

付き添いの退屈な人には、葛根湯はさすがに効かないけど、
もしかして、冬で冷えていたら体は温まったかもしれない。

葛根湯に結構広い効能があるということは、昔からわかっていたよう。
1800年前のお薬が、今、新型コロナウイルス感染症の初期に使われて、すこし品薄になっている。
ほんとにおもしろい。

最後に風邪のときの葛根湯内服の注意点。
@飲む時期は
 汗をかく前、寒気がして首筋から背中が凝るときが一番有効。この時期は、風邪のごく初期なので、風邪をひいたなかな、ぞくっとしたときになるので、あらかじめ葛根湯を常備したほうがよい。
A飲み方として、熱いお湯に溶いて、食前か食間に飲むのが一番効果的。さらにそこにショウガをすって入れると、とってもよい。だけど、そんなのめんどくさいということになれば、別に食後にそのまま飲んでも大丈夫。
B胃腸が弱くて、体力のない人は、飲まないほうがよい。
 そんな人は、桂枝湯や麻黄附子細辛湯、または香蘇散。
C元気なお子さんは麻黄湯のほうが有効。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

Posted by さかざきひろみ at 20時13分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2022年12月04日(日)

多成分系 [漢方薬]

西洋薬は人工的に合成され一つの成分の薬剤なのに対して、
漢方薬は生薬の組み合わせ。
したがって、一つの成分でなく多成分系となる。
だから、ひとつのお薬が色々な症状に有効であったりする。

ちなみに生薬というのは、漢方薬を構成する原料。
自然界に存在する植物の葉や根や茎や、また他にも動物や鉱物に由来するものもある。

例えば、@葛根湯は7つの生薬の組み合わせとなる。

画像(320x206)・拡大画像(561x362)

葛根が首や背中のこわばりをとって、麻黄と桂皮は解熱鎮痛作用、抗炎症作用がある。芍薬は痛み止めでもあり、さらに大棗、生姜、甘草には胃腸機能を改善する。
また、体の内部を温める作用もある。

色々な生薬の組み合わせなので
葛根湯は、風邪のひきはじめだけでなく、結膜炎、中耳炎、扁桃炎、さらに乳腺炎、リンパ腺炎、肩こり、上半身の神経痛、じんましんなどたくさんの効能がある。
耳下腺炎、おたふくかぜの急性期や筋緊張性頭痛にもよいことがある。

北海道の井齊先生は、胸から上の炎症には、なんでも有効といわれていた。

ただ、漢方薬を選ぶ時は「体質」がとても大事なので、誰にでも有効というわけでない。
これも西洋薬と違うところ。
西洋薬では、解熱鎮痛剤はみんなアセトアミノフェン。
虚実は関係ない。

だけど、漢方薬は体質を見極めて処方することが大切。

Posted by さかざきひろみ at 19時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2022


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.