2021年05月16日(日)

日本小児東洋医学会WEBセミナー [漢方薬]

今日は、日本小児東洋医学会のWEBセミナー。
学会でのWEBでの試みは初めて。

画像(129x180)・拡大画像(462x640)

前もって、録音していたものを送っていたのだが、やっぱりライブで話したい。
そのほうが、思いが伝わると考えて、急遽ライブでお家から参加。事前打ち合わせがギリギリだったので、若干不安があったけど、なんとかスライドも共有できてうまくいった。

やっぱりライブがいいね。テンションがメッチャあがる。

山口英明先生の「こどもの発達支援と漢方薬」のお話しはめっちゃ勉強になった。

1)自閉症スペクトラムについて
症状は多彩なので、1剤より2剤を組み合わせたほうが効果があるとのこと。
甘麦大棗湯+83抑肝散加陳皮半夏
甘麦大棗湯+大柴胡湯去大黄
大柴胡湯去大黄+83抑肝散加陳皮半夏など
乳幼児期は向精神薬は使用しにくいが、漢方薬なら早期から処方できる。

2)夜泣きについて
甘麦大棗湯は日本では江戸時代から使われていたそう。
甘麦大棗湯、抑肝散加陳皮半夏、柴胡加竜骨牡蛎湯などの中から1剤を処方し、2週間後効果がなければ別の薬を追加するのがよいと言われていた。

3)子育て不安と漢方母子母子療法。
イライラと不安が強く涙部ぐむお母さんに抑肝散と、不安でたまらないときに頓服で甘麦大棗湯を処方されていた。
私もよく不安で涙がでてくる方に甘麦大棗湯を処方している。お子さんと一緒にママも治療できるのが漢方薬の素晴らしいところ。

途中、急に画面がダウンしたり、ほんとに色々あったが、終わってほっとした。蘭子先生お疲れ様です。
次は7月の懇話会。こちらは演者の先生が多いからもっと大変かも。今からどきどき〜。

Posted by さかざきひろみ at 16時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年05月15日(土)

今週は [クリニック情報]

急に暑くなった。
しかもちょっとジメジメ。
すでに、九州北部、中国、四国が、梅雨入り。
例年より20日も早い。大阪もしばらく天気が悪いらしい。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

クリニックでは、久しぶりにホールケーキ。
時間があまりなく、急いで食べてると、ケーキって噛まずに飲み込めることに気づいた。
身体に悪そうやけど、ケーキって飲めるんや。
ほんとは、何でもちゃんと噛むことが大切。
実は水でさえ噛むようにして飲んだ方がよいらしい。

クリニックに来院されるお子さんも汗がいっぱい。
あらかじめ、夏用の漢方薬をとりにくる人も。
P五苓散、㉞白虎加人参湯などなど。

熱中症予防、気圧の変化、雨降り前の頭痛には五苓散。
汗っかきには、身体を冷やしながら、潤してくれる白虎加人参湯がいい。
あと、㊶補中益気湯を夏バージョンの136清夏益気湯に変更する人もいる。

この暑いのに、まだRSウイルスが流行っている。

ふと、今年はインフルエンザはどうなるんやろうと思った。
昨年はインフルエンザはゼロ。こんなことは初めて。これから、南半球が冬にむかう。そこで、流行なかったら、今年も少ないかも。
あと、心配は新型コロナウイルス。
ニュースをずっと見ていたら、あれこれ考えてしまって不安でたまらないというママもいた。
緊急事態宣言でもなかなか流行は収まらない。
迅速にワクチン接種がすすむことを期待したい。
だけど、私達も3月下旬に接種できるのではと思っていたのが、5月になった。
これから、いかにスピードアップできるか。
ほんとにそれにかかっている。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)
画像(180x240)・拡大画像(480x640)

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

バラは、まだまだ元気。
黄色のバラも可愛い〜。

Posted by さかざきひろみ at 20時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年05月13日(木)

やっと

新型コロナウイルスワクチン、コミナティを接種。
スタッフ全員、1回目終了。

少し前から、皆が、
「接種して、めっちゃ痛くて腕が上がらんらしい」とか
「悪寒がすごくて熱出た人もいるらしい」「えー」とか
「しばらく倦怠感がある人もいるって」などなど、大騒ぎ。医療従事者でこうなのだから、一般の人たちはもっとあれこれ考えるかもしれない。

副反応は、1回目の接種後の注射部位の疼痛は86%、疲労40%、頭痛32%、悪寒25%、発熱14%で、2回目はもっと確率が上がるが、ほとんどは2−3日で軽快する。

どれも想定内。
症状の原因がわからないと不安になるが、ワクチンの影響とわかると何の不安もない。

漢方界では、接種前に自分がかぜをひいたときに飲む薬、体質に合わせて麻黄湯や葛根湯、麻黄附子細辛湯を飲んでたらいいとか、痛みを組織のお血と考えて治打撲一方、桂枝茯苓丸、筋肉痛には麻杏よく甘湯がいいとか、色々言われていた。
だけど、今回私は自然にまかせて、ワクチン接種しようと思った。
せっかく、新世代のRNAワクチンを接種できる、それも貴重で優先接種できる。しっかり体感したい。

実際は、ワクチン全く痛くない。
ほんまにびっくり。
あと、私に接種してくれた看護師さん、手がめっちゃ冷たい。
「冷え症で困っていませんか?」と思わず聞きそうになった。
私の場合、接種直後から腕がおもだるい。
なんか身体がふわふわ、帰宅後は、口渇とめまい、たちくらみ。いわゆる水毒の症状。
さすがに、五苓散を内服。
4時間後ぐらいからは腕がとっても痛い。
痛みと関係ないが、なぜかあまり眠れない。

翌日、スタッフたちは、「痛っ、痛っ」と言いながら元気にお仕事してくれた。アナフィラキシー既往のあるスタッフも大事にいたらなくて、一安心。

やっぱり、このワクチン、インフルエンザワクチンと全くちがう。でも腕の痛みや倦怠感、頭痛を感じるたびに、身体がが反応している〜良かった〜と思う。

なんと、横浜市立大学の発表では、コミナティ2回接種した人の、従来株では99%、変異株でも90-94%が抗体ができるとのこと。ほんとに素晴らしい。

画像(320x200)・拡大画像(640x400)

MBSニュースより

ちなみに今日は、孫っぴお迎えの日。
こんな格好してはしゃぐ彼との時間。
やっぱり育児は体力勝負。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)
画像(180x240)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 18時46分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2021


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.